4.12.10


Nightswimming/R.E.M.
Nightswimming deserves a quiet night
The photograph on the dashboard, taken years ago,
Turned around backwards so the windshield shows
Every streetlight reveals the picture in reverse
Still, it's so much clearer
I forgot my shirt at the water's edge
The moon is low tonight
Nightswimming deserves a quiet night
I'm not sure all these people understand
It's not like years ago,
The fear of getting caught,
Of recklessness and water
They cannot see me naked
These things, they go away,
Replaced by everyday
Nightswimming, remembering that night
September's coming soon
I'm pining for the moon
And what if there were two
Side by side in orbit
Around the fairest sun?
That bright, tight forever drum
Could not describe nightswimming
You, I thought I knew you
You, I cannot judge
You, I thought you knew me,
This one laughing quietly underneath my breath
Nightswimming
The photograph reflects,
Every streetlight a reminder
Nightswimming deserves a quiet night, deserves a quiet night

夜に泳ぐには静かな夜がぴったりだ
ダッシュボードに何年も前にとった写真が
フロントガラスから見えるように反対向きに置いてある
街灯が写真を反対に映しだす
でも、それでもはっきり見える
僕はシャツを湖畔に置いてきてしまったんだ
今晩、月は低い

夜に泳ぐときには静かな晩じゃなくちゃならないんだ
みんなわかっているんだろうか
もう何年も昔のようにはいかない
誰かに見つかるかもしれないという恐怖
無謀な自分たちと水の恐怖
僕の裸を人に見られることはないんだ
こういうもの、こういう気持ちは忘れ去られてしまう
毎日という日常のなかに埋もれて

泳いだ夜、あの夜を想いだす
9月が迫っていた
僕は月に恋焦がれる
もし月が二つあって軌道を並んで
美しい太陽の周りを廻っていればどうなる?
明るい調子のいいドラムでは
あの夜のことは表現できないんだ

君のことを知っていると思っていた
君のことを今の僕はいいとも悪いとも言えない
君は僕のことを知っていると思っていた
ささやくように静かに笑っている君のことを
ナイトスイミング

写真が反射する
街灯がみなあのときのことを思い出させる
夜に泳ぐときには静かな夜がぴったりだ
静かな夏の夜が
---